学校紹介

学校紹介

看護師の活躍の場はますます広がり、
人を支え、自らも成長できる誇りある仕事

校長:平川涼子今、世界に類を見ない超高齢少子社会を迎えている日本。この状況は 2070 年頃まで続くと推測されており、保健医療福祉政策は大きな転換期を迎えています。入院期間は短くなり、複数の疾患や障害を持ちながら在宅で暮らす人も増えています。

そのような中で、皆様が目指す看護師は、人々の健康生活を支える専門職として大きな期待が寄せられ、多様な場で役割を発揮することが求められています。
また一方で、看護師は「人」を相手にする仕事であり、看護の現場では、新生児から高齢者まで、個々に異なる背景や価値観を持った実に様々な人と相対します。
本校では、看護の基礎知識と技術を学んでいただくのはもちろんのこと、「多様な価値観を尊重し、その人らしく生きることを支える」「学びを統合して自律して行動できる」ことを大事に、豊かな人間性を育む教育に力を入れております。

アメリカの看護研究者・V.ヘンダーソンは、看護論(1991)の中で「看護師の仕事には、様々な人間に対する普遍的な思いやり、並びに人間理解が必要である」と述べています。
このように看護師は、専門職として、また一人の人間としても成長できる、誇りある仕事です。
女性だけでなく、最近では男性看護師の活躍する現場は広がりを見せており、本校でも男子学生が頑張っています。男女問わず共に成長できる仲間たちと一緒に、あなたも看護師への道へと踏み出してみませんか。

教職員一同、皆様の入学を心からお待ちしております。

校長 平川 涼子