キャンパスライフ

在学生・卒業生の声

平成18年3月卒業(32期生)

Mさん 社会福祉法人恩賜財団済生会鹿児島病院 感染管理認定看護師

短大卒業後、社会人を経験しましたが、やはり一生の仕事を得たいと思って看護師を目指しました。学生生活はとても楽しく充実したものでした。特に実習は、その後の看護師としての基盤や自信にもつながる“濃い”経験です。現在私は外来で働きながら、感染管理認定看護師として、病院を感染から守る仕事をしています。看護師は働きながらスキルアップする機会がいくつもある素敵な職業です。看護師13年目、今もチャレンジの連続です。

昭和61年3月卒業(11期生)

Kさん 公益社団法人メンタルホスピタル鹿児島 副看護部長

卒業して30年以上が経ちました。本校の母体である精神科病院の奨学生として学び、入職しました。一般病院へ転職した後、現在はメンタルホスピタル鹿児島の看護師として後輩達の育成にも関わり、充実した毎日を送っています。そんな私の原点はやはりこの学校にあります。専門性の高い講義や看護実習を通して、先生にいただいた「看護師は患者さんから育てていただく」という言葉は本当にその通りだと思っています。いちばん大切なことをここで学び、今なお研鑽の日々です。人との関わりを通して学ぶ看護の仕事は大きな可能性と魅力があると実感しています。人との関係性が希薄になっているこの頃、人に寄り添い求められる仕事を共に歩んでみませんか。看護の道は奥深く、成長できると思います。

卒業生からのメッセージ(46期生)

Sさん 南風病院(県立伊集院高等学校出身)

私は学校に入学してから看護師になりたいという気持ちが一層強くなりました。最初のうちは「勉強に付いていけるかな」「実習をやり遂げられるかな」という不安が大きかったのですが、同じ看護師を目指すクラスメイトや学生一人ひとりに寄り添い指導してくださる先生方のおかげでつらい実習も乗り切ることができました。その中で、自分なりの理想の看護師像を見つけることができて、この学校で本当に良かったと思っています。

Rさん 鹿児島市立病院(県立鹿児島南高等学校出身)

3年間の看護学校生活を経て、これまで沢山の患者様、その家族、看護師、教員との出会いがあって学びを得ることができました。一人の患者様のことだけを考えて看護をできるのは学生の間だけだから、その時自分ができる最大限のことを患者様のためにすることが大切だと学びました。臨床に出てからも”私と出会ってくれてありがとう”という想いを忘れないでいたいです。

Aさん メンタルホスピタル鹿児島(修学館高等学校出身)

社会人入学で学業や実習に付いていけるかと不安でしたが、看護の専門的な知識についてだけでなく、家庭のことや時間の使い方など幅広く教えていただき、安心して学業に臨むことができました。現役生、社会人と様々な年齢の学生がいるなかで良い刺激を受けて学ぶことができたと思います。

Nさん 鹿児島市立病院(県立川内高等学校出身)

本校で3年間を過ごし、様々な分野の講義や臨地実習を通して目指す看護師像を明確にすることができました。慣れないことも多く苦しい時期もありましたが、実習で出会った患者さんの言葉や同じ目標を持つ仲間の存在が支えとなりました。先生方にも相談しやすいため安心して勉強することができていました。仲間や先生方と楽しく学べる学校だと思います。ぜひ本校で看護師の夢を目指しませんか。

Sさん 国立病院機構指宿医療センター(指宿市立指宿商業高等学校出身)

本校に入学した当初は、勉強量の多さや実習の辛さに何度もくじけそうになりましたが、友達や先生方に支えられ、3年間看護について深く学ぶことができました。また、看護以外にも人として多くのことを学ぶことができたと思います。クラスもとても仲が良く、友達も増えて、毎日楽しく勉強することができました。同じ夢を目指す仲間、この学校で一緒に頑張りましょう.

Yさん 今給黎総合病院(県立松陽高等学校出身)

高校までの勉強内容と違い、新しい分野で覚えることも多くて大変ですが、多くの患者様との出会いから沢山の学びと感動があります。苦しい時もあると思いますが、そんな時は一緒に頑張っている仲間と相談に乗ってくださる先生方がいます。後悔しないように、自分らしく自分の力を信じて看護学生生活を送ってください。

在校生からのメッセージ3年生(47期生)

Nさん(県立明桜館高等学校出身)

私は一度社会に出てから本校に入学しました。久しぶりの学生生活は新鮮で、大変なこともありますが、充実した毎日を送っています。先生方も親身に相談に乗ってくださいます。年齢に関係なく、みんな同じ看護師という夢に向かって頑張っていける学校です。ぜひ一緒に頑張ってみませんか。

Aさん(鹿児島女子高等学校出身)

小学校の頃からの夢であった看護師を目指し、勉強や実習を仲間と一緒に頑張っています。実習はきつくて睡眠時間も減って大変ですが、患者さんが元気になっていく姿や「ありがとう」という言葉が嬉しくて支えとなり、夢を叶えたいと思います。

Mさん(鹿屋市立鹿屋女子高等学校出身)

看護師になることの大変さを実習を通して感じました。でも、先生からの助言や実習メンバー間での助け合いによって乗り越えることができています。また、学年間の仲も良く、勉強しやすい環境であるため本校を選んで良かったと思っています。これからも同じ目標を持っている仲間たちと一緒に頑張っていこうと思います。

Hさん(県立屋久島高等学校出身)

私は、1年次から実習に行くことなど、実践的な看護を学べることに惹かれ、本校に入学しました。実習はとても大変ですが、グループメンバーの協力や教員、看護師の助言をいただきながら実りのある学びができています。実習での学びをクラスで共有する時間もあり、自分の看護観を深めることにも繋がります。

Mさん(県立国分高等学校出身)

同じ志を持つ仲間と一緒に、勉強と実習はとても大変だけど頑張れています。この学校は少人数なので、先生達に気軽に相談しやすく、先生達も優しく親身になって教えてくださるので、そこが魅力だと思います。学生のうちは辛いことも多くて大変だけど、将来の自分のために最高の仲間や先生達がいます。一緒に頑張りましょう!

Nさん(尚志館高等学校出身)

本校で看護を学び始めて、初めは慣れない一人暮らしと勉強に悩んで、泣いた日もありましたが、同じ境遇にいる仲間が私のことを助けてくれるし、先輩や先生方も親身になって相談に乗ってくださるので、今では楽しく充実した学生生活を送っています。看護は奥が深く、正直難しいですが、実習に行かせていただき患者さんに寄り添うことで、学生にしかできない看護を行います。皆さんも一緒に看護師を目指しましょう。

在校生からのメッセージ2年生(48期生)

Hさん(霧島市立国分中央高等学校出身)

私は本校に2つの魅力を感じて入学しました。1つは、実習先が鹿児島市立病院や南風病院など大きな病院なので、とてもいい経験が積めると思ったからです。2つ目は、オープンキャンパスの時に学生と先生との距離が近く感じられ、学びやすい環境が整っていると思いました。実際に入学してからも、技術試験に向けて練習に付き添ってくださいますし、とても話がしやすいです。いちばん分かりやすく聞きやすい学校だと思います。一緒に頑張りましょう。

Kさん(県立武岡台高等学校出身)

勉強内容は専門的なものが多く、時として講義でも技術演習でも悩んだり不安になったりします。しかし、先生方や先輩方が優しく丁寧に教えてくださるので、自分の理想の看護師に向かって頑張ることができています。ぜひ皆さんも鹿児島看護専門学校で頑張ってみませんか。

Rさん(鹿児島実業高等学校出身)

勉強は、専門的なものが多く、初めて聞くことばかりです。心配で不安になることはよくありますが、同じ夢を目指す仲間に囲まれ、臨床経験の豊富な先生方から指導をいただく中で、よい刺激を受け、頑張ろうという気持ちを奮い立たせてくれます。また、講義では、医師・薬剤師・臨床心理士・管理栄養士など様々な医療従事者の方からも話を聞くことができるので実習にも活かされるのではないかと思います。

Mさん(県立曽於高等学校出身)

入学当初は、専門分野の勉強に付いていけるか、学校生活に対する不安も多くありました。しかし、熱心に指導してくださる先生方や同じ夢に向かう仲間に支えられ、毎日充実した学校生活を送っています。また、自分たちの経験を活かし、アドバイスしてくださる先輩方のおかげですぐに学校生活に慣れました。時には辛くて悩むこともありますが、患者様やご家族の気持ちに寄り添うことができる看護師になれるように頑張っています。

Yさん(県立錦江湾高等学校出身)

入学当初はこれからの学習や生活への不安が大きかったのですが、毎日新しいことを学ぶことはとても楽しいです。看護師への憧れも以前より大きくなっている気がします。日々、成長する自分を実感することで充実した学校生活を送ることができます。仲間と共に夢に向かって頑張ることがとても励みです。

Tさん(樟南高等学校出身)

私は母親が医療関係の仕事に就いていたことがきっかけで看護師を志すようになり、誰にでも思いやりを持って臨機応変に対応できる看護師を目指しています。座学や看護技術の練習などは大変ですが、クラスメイトと切磋琢磨し合いながら充実した日々を送っています。これからも勉学に励み、自分が目指す看護師になれるよう日々努力していきたいです。