学校紹介

よくある質問

鹿児島看護専門学校まるわかりQ&A

Q.01鹿児島看護専門学校の受験対策は、どのようなことをしたらよろしいですか?
ANSWER
過去問で傾向を把握しましょう。わからないところは、教科担当の先生に教えてもらってください。
数学Ⅰ、現代文は、学校で使用している問題集を活用してください。さらには、各学校でのセンター試験の範囲の勉強を行うことをお勧めします。
小論文は日頃から何かテーマを決めて書く練習をしておくとよいと思います。
面接は模擬面接を何回も行い、自分の意見を短<言えるようにしておくことが大切です。
なお、過去問は、オープンキャンパス参加や学校見学をすると貰えます。
Q.02社会人ですが年齢制限がありますか?また、勉強についていけるか不安です。
ANSWER
年齢制限はありません。現在、20代から40代まで幅広い年齢層の学生が在籍しています。
勉強に不安もあると思いますが、社会人の方は、勉強熱心な方が多いです。全員国家試験合格レベルに到達しています。
Q.03高校では、文系、職業系で学んでいます。大丈夫ですか?
ANSWER
高校までの勉強と違い、新しく一斉に学ぶことが多いので問題はありません。また、数学や理科(生物、化学など)が苦手、未修でも頑張って勉強すれば大丈夫です。
Q.04看護学校というとカリキュラムがきついと言われていますが、鹿児島看護専門学校ではどうなのでしょうか?
ANSWER
カリキュラムは、厚労省の保健師助産師看護師学校養成所指定規則で決まっており、大学の看護学部、専門学校ともに基本的には同じです。
学習内容が多いので、講義、演習、臨地実習とたいへんかもしれません。
でも、同じ目標を持った仲間たちがいますし、先生方の支援を受けながら趣味などでリフレッシュして頑張りましょう。
しっかりとした目標意識があって、わかる喜びをつかむとそれほどきつく感じないかもしれません。
Q.05学校生活は楽しいですか?
ANSWER
同じ目標をもつ仲間の中には社会人経験のある人もおり、共に過ごすことで、楽しい日々を送っています。
実習は記録がたいへんですが、仲間に聞いたり先生に聞いたりして終わった時は、とっても嬉しくなります。
クラスみんなで声を掛け合い、支え合うことで乗り越えることができます。
Q.06学生の皆さんは、どうやって通学しているのですか?
ANSWER
JRや市電・市バスを利用する学生が過半数で、そのほかは自転車、バイクで通学しています。
校内には屋根付駐輪場があります。また、バス通学の場合はバス停がすぐ近くですから便利です。
Q.07病院などの実習はどのくらいの期間ありますか?また実習は楽しいですか?
ANSWER
臨地実習は、どの学校も3年間で1,035時間です。
本校は、1年次135時間、2年次270時間、3年次630時間と段階的に実習しています。
患者様から「あなたでよかった」「あなたになら話しやすい」「顔をみると元気になれる」「ありがとう」の言葉でとっても嬉しくなります。
Q.08オープンキャンパスや学校見学などへの参加は受験に有利ですか?
ANSWER
合否に影響することはありませんが、参加すると受験料の割引や過去問を貰えるなどの特典もあり、看護体験、学校説明、ふれあい交流を通じて学校の雰囲気や入学試験、授業料、奨学金などについて知ることができ、入学後のイメージがしやすくなります。
Q.09学校見学はできますか?
ANSWER
「はい」電話またはメールで事前のお申し込みをお願いします。平日に随時行っております。
Q.10アルバイトの制限はありますか?
ANSWER
特に制限はしていません。
アルバイトをする場合は、自分の学習スケジュールに合わせて学業との両立を図ることが大切です。学校に申請すれば可能です。
Q.11奨学金はありますか?
ANSWER
本校は次のような奨学金があります。①は3月頃、②~⑤は本校入学後に申し込んでください。
①本校関連病院「いちょうの樹」奨学金 月額:8万円
②日本学生支援機構奨学金 月額:約2~12万円
③鹿児島県看護職員等修学資金 月額:約3.6万円。本校関連病院奨学金との併用可。
④本校関連病院以外の病院奨学金 月額:約4〜6万円
⑤その他
※上記②⑤以外は、卒業と同時に国家試験「看護師免許」取得後、条件を達成したら返還免除になります。
(詳細は、オープンキャンパス時や合格者集合、または入学後のオリエンテーション等で説明します。)
Q.12就職については、県内・県外ともに求人はありますか?
ANSWER
毎年、早い学生では県外5月、県内8月に内定者が続出します。
求人数は20〜30倍、各自の希望に応じて選ぶことができ、12月までには全員内定しています。
本校は、学生の希望に応じた的確な指導と、きめ細かいサポートで支援体制万全です。