学院紹介

  • HOME
  • > 学院紹介

学校長挨拶

  本校は、昭和335月に准看護師学校として開校いたしました。

 昭和474月には鹿児島高等看護学院として全日制3年課程の看護師養成所(1学年20名)となり、平成104月からは男女共学、社会人入学可となりました。そして、平成274月に学校名を「鹿児島看護専門学校」と改め、1学年40名と定員を増員、看護基礎教育機関として時代の要請に応じて発展してまいりました。これまでに約800名の卒業生を輩出し、多くが鹿児島県内外の医療機関で活躍しております。

 看護は人の生命の根源に関わる職業であり、高い倫理観と多様な価値観を尊重できる豊かな人間性が必要です。本校では、優しく思いやりの心を持ち、基礎知識と技術を統合する力、自律して行動する力が身につくような教育を目指しております。

少子高齢化を迎えた今、「医療と生活」の視点を持つ看護職は、地域の様々な場で活躍が期待されています。社会に貢献でき、やりがいのあるすばらしい職業です。

教職員一同、皆様が本校においで下さることを、心からお待ちしています。

平成2985

公益社団法人いちょうの樹

鹿児島看護専門学校

学校長 平川 涼子